中央建鉄株式会社 [CHUO KENTETSU]
 
 
会社概要
概 要
事業拠点
表彰実績
事業案内
事業損失補償
CADAP[被害予測システム]
調査事例
社内業務資格制度
用地取得補償
環境アセスメント
地質・土質調査
構造物診断
 
 
事業損失補償[建物補償調査/騒音・振動測定調査/地下水調査/電波障害調査/日照阻害調査/地盤変動調査・測量]
 
調査事例 -先進の技術と豊富な経験であらゆるケースにお応えしています。-
 
CADAPシステムを使った調査事例
 
CADAP-Jrを使って同じエリアで行われた2つの工事の影響度を判定。
 
発注者: 国土交通省(建設省) 中部地方整備局北勢国道事務所
調査期間: 平成11年9月〜平成12年2月
調査内容: 被害認定のための因果関係立証調査
調査件数: 431棟
 
高架橋工事の事後調査として受注した案件。施工当時、他企業による下水道の整備工事も調査範囲内で行われており、両方の工事について、被害認定が必要となったため、それぞれの工事の影響度および影響範囲をCADAP-Jr.を使って解析し、因果関係を明確にした。   図:CADAP-Jr.解析画面
 
事前調査から補償額の算定まですべての業務を行う調査事例
 
豊かな経験が工事の影響を事前に判断し、最良の調査方法を導く。
 
発注者: 国土交通省 近畿地方整備局和歌山工事事務所
調査期間: 平成13年〜
調査内容: 地下水影響検討
調査件数: 高速道路(総延長約20km)
 
現在、建設中の高速道路建設工事が及ぼす周辺地下水の枯渇等の影響を事前に解析検討し、工事が影響を及ぼす範囲を特定。影響が予想される個所については事前に分布調査・個別調査・水質調査等を実施し、今後建設中の工区について枯渇等が発生した場合、因果関係の解析検討、補償方法および補償額の算定等を行なうための事前検討業務等を進めていく。
 
※当社が行った業務の事例集を制作しております。ご希望の方は担当者にお申しつけください。
 
     
Copyright (c) 2002 Chuo Kentetsu Co., Ltd. All Rights Reserved.
お問い合わせ HOME このページの先頭へ↑